若い女性は夜更かしすると胸が大きくなりません。

「寝る子は育つ」ではなく、「よく寝る女はバストアップする」・・・このことは事実です。

何故かというと睡眠には、疲労をとって自律神経やホルモンバランスの状態を良くしていく働きがあります。

特に、若い人は成長ホルモンが分泌されるのが夜間なので、睡眠がとれないとバストが育たないということになってしまうのです。

いつまでも、寝ないでスマートフォンやパソコンをいじっていては、中々バストアップはできないということです。

人の理想的な睡眠時間は約7時間だと言われています。

ただ何が何でも7時間ということではないのです。4時間でも疲労が取れれば大丈夫です。

また、休日何時間も寝てしまうという人は、少し注意した方がいいです。

かえって自律神経の状態がおかしくなって、きちんと女性ホルモンが分泌されないということになってしまうからです。

なかなか寝付けないという人の中には、眠らないといけないという感覚で体が硬直してしまう人も多いです。

そういう時は軽くストレッチでもすると、緊張が抜けてきます。

ただし、脳が興奮するほどの運動はかえって逆効果です。

横になっていて、気持ちが楽になっただけでも、人の神経は調子が良くなっていきますので、あまり思いつめず、いざとなったら15分ほど昼寝でもしようと考えた方がストレスにはなりにくいのです。

起きる時間は一定にした方が体内時計もリセットされてバストアップしやすくなっていきます。

寝室の環境も整えて、気温湿度も調節していくと寝つきがよくなりますよ。