筋肉量が少ない人には腕立て伏せは効果的ですよ!

バストアップには腕立てが効果的とはよく耳にします。

確かに、腕立て伏せをすると大胸筋の筋肉が付き、クーパー靭帯がしっかりとバストを支えるので、もともと筋肉量が少ない人にはいい方法と言えます。

しかし、すでにそれなりの筋肉がある人の場合、もっとムキマッチョになって、胸板自体が厚くなっていくという現実があります。

さらに、あまり派手にやりすぎると、おっぱいがユサユサと動いて筋線維を痛めてしまいます。派手な腕立て伏せは、かえって逆効果なんです。

アナタが鍛えるべき筋肉は、瞬発力を高める筋肉ではなく、ゆっくり動いて体を支えていく筋肉なのです。

理論上トップはそのままで、アンダーバストが小さくなっていけば、バストアップしたということになります。

他の部位は落しつつ、バストアップしていくための腕立て伏せは、呼吸を深くして、ゆっくり筋肉に負荷をかけていく方法がオススメです。

バストアップに効果的な腕立てをするにはちょっとしたコツがあります。

腕を曲げて降ろすというのはぶれてしまいがちで、効果が出ません。

まず、体全身を一体化させて、体全体を平行に落していくつもりで、動かすようにします。

上半身だけ落してしまうと、つんのめってしまいます。

また、長時間運動してもあまり意味はありません。筋肉が疲弊してしまうので、痛みなどが出やすくなってしまいます。

痛くなってしまう前に休んで、適度なインターバルをとっていくのも効果的なバストアップのための腕立てのやり方です。

良質なタンパク質が簡単に摂取できるプロテインを使うと、筋肉はつけやすくなりますよ。